フロアコーティングの相談から始めてみる

どんな時にアドバイスを求めるべきなのか

どんな時にアドバイスを求めるべきなのか、例えば、どんなコーティングがあるのか知りたいだけでなく、賃貸マンションや中古住宅ですでに施工しており、ひび割れなどのトラブルが発生している場合にも専門業者へ相談可能です。業者は、フローリングに樹脂塗料を塗る施工サービスを請け負っています。塗膜が形成されることで、見た目の問題や保護、メンテナンスを簡便にさせる効果を謳っています。ユーザーとしては何を求めるのか、ここもポイントです。これまでは、仕上がりの艶、いわゆるワックス効果で選ばれてきたものの、最近では住まいのインテリア、住空間に合わせた半艶や艶消しタイプも求められるようになり、施工会社も専門業者のみならず、増改築を得意とするリフォーム会社、デザイン設計会社なども良きアドバイザーとなります。

何を目的として施工したいのかを考える

自分のライフスタイルに合わせて施工も選択すべきで、アドバイスを求めることは大切です。新築・中古問わず、フローリングの光沢感や質感が向上するため、見た目を綺麗に魅せるために施工の相談をするのが一般的です。その他では、床を保護する効果も期待できます。物を落とす、大型家具の配置替えを頻繁に繰り返すなど、フローリングの傷つきの抑制に加工を施すことができます。こうした傷つかないための相談は、ペットとの暮らし、小さなお子さんがいるアクティブな暮らし方をするファミリー世帯に適しています。他にも、掃除やメンテナンスの負担を軽減できるのも特徴で、汚れ落としの難しいシミ抜き、頻繁にワックス掛けしているなどの主婦にとって、アドバイスを求めるだけでも得をします。

比較検討してから施工することも大事

最近は、UVウレタン塗料やシリコン塗料など、様々な種類の塗料が使用されています。塗料によりフロアコーティングの特長も異なり、日射や乾湿による経年劣化の抑止効果に違いも生じますし、頻繁なメンテナンスが必要ないかどうかは、使う塗料によりけりです。価格もピンからキリまであり、もちろん、どこに依頼するかでも変わるもので、住宅建築会社でも取り扱っていますが、中間マージンが発生するぶん高くなりがちです。まずは、自分の住まいを管理する不動産会社へ相談することがポイントで、地域に密着した情報量、ネットワークが強みです。また最近では、狭いフロアならば個人で施工することもありますが、溶剤や塗料型、臭気、価格帯などでのおおよその目安をアドバイスしてくれるのは、ホームセンターなどのスタッフです。ですが、フロア保護性能や耐久性、フロア材との相性などを見極めるのはやはりプロに一任でき、選ぶ際には様々な要素が絡むために、複数社のコーティング専門業者に見積もりをお願いし、比較検討するのが得策です。